イメージ写真

よくある質問 FAQ

Q.学校を卒業してからだいぶ経っているので不安です…。
A.小学校までさかのぼって基礎から学習できるので、大丈夫です。本気で看護師を目指し努力する方は、小学校レベルからスタートしてもちゃんと合格しています!
Q.看護系受験に必要な学力はどのくらいあればいいのでしょうか?
A.例えば、普通レベルの高校を平均的な成績で卒業して5年という設定で考えると、県内看護専門学校の三教科一般入試を合格するには、300時間程度の学習時間が必要です。これは200時間の自学自習、それに横濱学院での指導(集団授業、個別指導、ビデオ学習)が100時間、という目安です。
よって、10ヶ月の準備期間だとしたら、毎月20時間の自学自習、10時間の通塾、というようなイメージでご理解ください。週に換算すれば、平日毎日1時間の自学自習、週2回通塾(50分授業×2コマ/日受講)というような計算になります。

でも、何より一番大切なのは意欲です。必要な時間数をしっかり学習を積み重ねれば必ず合格ラインの学力は得られます。
Q.そちらのコースの看護学校の合格率はどれくらいですか?
A.看護専門・大学及び医療系総計32名が合格しました。看護は高校生79.8%、社会人が61.8%の合格率です。おかげさまで、毎年合格率は上がっています。育児やフルタイムの仕事との両立をされている社会人や、必ずしも上位進学校ではない高校からの合格者が出ていることは、これから看護の道に進もうと考えている方々にとって、参考になると思います。 (2017年3月現在)
Q.どんな授業がありますか?
A.英語、国語、数学、生物、それに加えて面接、小論文の授業があります。 それぞれの授業は集団授業又は個別指導の授業で、ビギナーズ(初心者向け)から、ベーシック(基礎)、スタンダード(看護専門学校からセンター試験まで対応可能)、アドバンスト(応用:琉大保健学科数3C対応)まで、レベルに応じて対応可能なので、自分に合ったものを設定できます。自習室、駐車場も完備しています。
Q.看護系の推薦入学希望者です。面接と小論文を学びたいのですが、可能ですか?
A.可能です。入試前の短期集中設定での受講者もいます。
独学ではなかなか難しい面接や小論文対策のサポートとしてご利用ください。
Q.他の看護系受験コースの塾などとの違いはありますか?
A.初級(小学校レベルから)・基礎(中学から高校初級)・標準(看護過去問やセンター基礎レベル)・応用(センター高得点)とレベル分けされた集団授業と個別指導がきめ細やかに設定できるので、ご本人様の段階に合わせて無理なく学習が積み重ねられます。
なるべく無駄な部分は省いて、最短距離で合格レベルに達することを目指すので、自由な時間が限られる社会人の方に特に向いているコースだと思います。
Q.仕事がシフト制、夜勤もあってスケジュールが決まるのがいつもぎりぎりになります。
A.大丈夫です。個別指導、集団授業、ビデオ学習、自習室の組み合わせで、柔軟な対応が可能です。3日前まで予約可、急な用事でも柔軟に補講対応します。 月から金までは朝10時から夜10時、土曜も朝10時から夕方18時、日曜午前も開いていますから、多忙な方でも本格的な受験勉強ができます。
Q.4月からなど、キリのよい時期でなくてもコースの受講は可能ですか?
A.いつからでも大丈夫です。秋からはじめて、数カ月後の初冬に合格!という方も複数いらっしゃいます。
Q.そちらのコースでは男性の受講者もいるんでしょうか?
A.はい、今まで社会人男性の受講生もいました。昨年は2名の男性が看護学校に合格しました。最近は20代だけでなく、看護師転身に向けてがんばっている30代、40代の方々も多いです。
Q.社会人ではなく、現役の学生ですが、受講可能ですか?
A.もちろんです。通常の普通校ではなかなかできない看護系の受験対策を受験前にやっておきましょう。